管理職研修によるマネジメントの原則理解|社内体制を整える

仕事と子育ての両立

男の人

病院に勤める医師や看護師の中には、小さいお子さんの子育てと平行して仕事を行っている人が少なからずいるでしょう。しかし、医療の現場というのは24時間交代制で、不規則な生活を送らなければなりません。夜間勤務に就かねばならない日において、自身の子供を見てくれる人がいなかった場合、預けられる保育園も存在しません。それでは、子育てを行う医師や看護師は子供を一人にさせてしまうでしょう。そういった問題というのは、人材不足が懸念される医療の現場において、離職の原因となる要素の一つになってしまいます。そのため、病院側は新しい制度を設けました。その制度というのは、病院内保育制度と呼ばれるものです。
病院内保育制度というのは、病院内もしくはその付近に保育施設を設け、子供を預けることのできる制度です。病院内保育制度の対象となるのは、その病院に勤める医師や看護師のみとなります。病院内保育制度のメリットというのは、子供を自身のすぐ傍の保育施設に預けることができるという点にあるでしょう。自身のすぐ傍に保育施設があることで、子供を預けた後にすぐ仕事に就ける他、仕事終わりの子供の迎えにも手間が掛かりません。病院内保育制度のメリットはそれだけではなく、通常の保育園と比べて利用料金が安価であるといった点もあるのです。また、24時間交代の医療の現場において、病院内保育制度も24時間の稼働体制を取っています。そのため、子育てを行う医師や看護師は子育てと仕事を両立における負担を軽減することができるのです。