管理職研修によるマネジメントの原則理解|社内体制を整える

団体旅行制度のメリット

男性女性

企業内の制度には様々なものがあり、企業が実施する団体旅行もその一つとなっています。この制度に関しては、実施していない企業も存在します。実施していない企業というのは、団体旅行制度は企業にとって利益にならないものだと考えている場合が多いかと思います。または、予算の都合上実施できないといった理由もあるかもしれません。団体旅行制度のある企業においても、そこに勤める従業員の中にはこの制度に関してのメリットについて疑問を感じている人が少なからずいるはずです。ここでは、企業における団体旅行制度のメリットについて知っていきましょう。
企業内での業務というのは、部門等のチームによって行われるのが基本かと思います。チームで業務を行っていくにあたり、最低限の親密性が必要となるでしょう。最低限の親密性が無ければ、意見の討論等が発生せずチームの成長は見込めません。チームの親密性の向上というのも、企業の団体旅行におけるメリットの一つなのです。また、団体旅行ではチームの親密性が向上するだけではなく、普段話す機会の少ない上司とコミュニケーションを取れる機会でもあるのです。そのコミュニケーションでは、上司が自身に対して考えている評価について知ることもできるでしょう。上司とのコミュニケーションより親睦を深めることで、その後の仕事に関しても円滑に行っていくことができるはずです。この他のメリットとしては、純粋に日頃頑張って働いている従業員に対する慰安になるというものが挙げられます。